火を焚きなさい 山尾三省の詩のことば

¥ 1,980

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • 郵送

    ご注文の個数に関わらず、1回のご注文につき全国一律290円で郵送いたします。

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 290JPY
Report

野とともに生きること、家族とともに生きること

火を焚きなさい
山尾三省の詩のことば

著者 山尾三省
解説 早川ユミ
漫画 nakaban
発行 野草社

四六判変型 192頁
1800円+税
初版発行日 2018年10月31日


山に夕闇がせまる子供達よ
ほら もう夜が背中まできている
火を焚きなさい
お前達の心残りの遊びをやめて
大昔の心にかえり
火を焚きなさい
――山尾三省「火を焚きなさい」

山尾三省の詩は、いまの時代にますます、ひつようとされている。わたしがわたしをとりもどすために。あなたがあなたをとりもどすために。
――早川ユミ「わたしの、根っこのひと」

野とともに生きること、家族とともに生きること。
詩人・山尾三省(1938?2001年)の著作と詩集から、48篇の詩、4篇の散文作品を選び、あらたに編集したベストセレクション。家族とともに屋久島に移住し、耕し、詩作し、祈る暮らしを続けた詩人の心温まることばを集めました。布作家・早川ユミの解説、画家・nakabanの漫画も収録。


山尾三省(ヤマオ・サンセイ)
1938年、東京・神田に生まれる。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。67年、「部族」と称する対抗文化コミューン運動を起こす。73〜74年、インド・ネパールの聖地を1年間巡礼。75年、東京・西荻窪のほびっと村の創立に参加し、無農薬野菜の販売を手がける。77年、家族とともに屋久島の一湊白川山に移住し、耕し、詩作し、祈る暮らしを続ける。2001年8月28日、逝去。


*サウダージ・ブックスの編集人が企画編集を担当しています。